YOYUME SPIRITUAL GUIDANCE

自殺とは
 
 

唐突に「自殺」と言われて、ギョッとされた方もおられるだろう。

近年、近代文明の発展とともに、自殺者は年々増加しているようだ。

日本では、年間の自殺者数は3万人を超え、交通事故死亡者の4倍近くにもなるというデータが出ている。

しかし、ここではなぜ自殺者が増えているかということは問題ではない。

自殺とは霊的な見地からはどういうことか、考えてみたい。

ここまでお読みになった皆さんなら、次のような見解を持つことは容易であろう。

「生まれてくる前に自らが課した人生の試練に負けて、物質世界での苦しみから逃れるために死を選択して実存界に帰ること」

確かに、一般的な自殺はこれに該当する。しかし、これでは自分のことしか考えていない、非常に利己的な行動ということになってしまう。

自殺に対するもう一つの見解を、メッセージでは次のように伝えている。

「自分が犠牲になることによって、多くの人が助かるとか、周りの人を気遣って命を絶つような場合は、ご大霊の意思に沿うものとしてみなされます。」

つまり、自殺がよいか悪いかについては、「判断の基準」の章で述べたような、愛を基準としたものかどうかで判断できるということだ。

例えば、昔の日本の侍が、自分の名誉のために切腹するなどは、自己保存的なエゴそのものの考えに基づいており、まず地獄行きは免れない。しかし、不治の病にかかり、周りで看病する家族の辛さを開放してあげたい一心で、やむなく自殺を決意するような場合はどうだろうか。ただ自分が病の苦痛から逃れたいために自殺することと、見た目はまったく同じであるが、背後に愛があるか、エゴがあるかは一目瞭然である。

しかしながら、他人のために命を投げ出すということは、並大抵のことではできない。普段から魂や霊についての理解を深め、いつも他人に親切にしようとか、他人のためになることを心がけていなければ、決心はつかないであろう。

自分が苦痛や苦悩から逃れたいときには、喜んでとは言わないまでも、簡単に命を絶つ人が多いのであるが、せっかくご大霊から分け御霊をいただき、学びのために生まれてきているのであるから、命に関わる、関わらないは別として、世のため人のためになるような価値を見出し、尊重したいものである。

 

   
 

© Copyright 2002 心のつどい瞑想会