YOYUME SPIRITUAL GUIDANCE

幸福の条件
 
 

「なぜこのようなことが自分に起こるのだろう?」

誰しも、不幸が続いたり、大きな災難に見舞われたときにはこう思うに違いない。

「ひどい目に遭った」と感じる出来事が起こるのには、2種類の原因があるという。

1つは、自分で間違ったことをしたため招いた、もしくは悪い想念を抱いたために起こった結果、つまり因果応報によるものだ。

仏教をはじめ、多くの宗教や哲学書では、このことを説明している。

ところが、実はもう1つ原因となる場合があるようだ。

それは、われわれ一人一人に与えられている使命に関係があるという。

使命を建築でいう「設計図」に例えてみよう。

すべての建物が建てられる前には、必ず図面が必要なように、今回の人生の計画が立てられる前には、その設計図があったはずである。人生の設計図、すなわち使命を持って転生しているわけである。

「今回の人生では、私は○○をします」という約束をして、実存界から降りてくる。しかし、その記憶は持たされない。記憶があれば、学びにならないからである。そして、わかってしまったら、そのことしかしなくなってしまうからである。

この物質世界に生まれて、いろいろなことを経験しながら学んでいくわけであるが、その設計図は、魂の奥深くにしまわれている。だから、ほとんどの人がそれに気付かずに生きているのだ。

そして、その設計図にないことをしていると、軌道がずれていってしまうことになる。しかし、それに本人が気がつかない場合は、その人についている指導霊・守護霊が「黙って見過ごして、取り返しのつかないところまで行く前に救ってあげましょう」というわけで、軌道修正をされることがある。

これには、大変なエネルギーを使われるそうであるが、これは指導霊・守護霊からの愛のエネルギーなのである。

しかし、この次元では、軌道修正によって起こる出来事を不幸と呼んでいることが多い。例えば、病気になったり、怪我をしたり、事故に遭ったりと、俗に「バチがあたった」と言われることだ。

こうした軌道修正によって起こる出来事は、通常では考えられないことであったり、自分のコントロールできないことであることが多いようだ。

起こった災難が、自分が間違ったことをして招いた結果であるのか、それとも軌道修正をさせられようとして起こったのか、見分けられることも大切であるが、原因が軌道修正のイベントである場合、それだと気がつくような落ち着いた心を持っていることも大事である。

もっと言えば、軌道修正をされずに済むように、日頃から瞑想を続け、設計図から外れないように心掛けることが望ましい。これが、各人が幸福になる条件なのである。

 

   
 

© Copyright 2002 心のつどい瞑想会