YOYUME SPIRITUAL GUIDANCE

物質欲と霊的向上
 
 

一体いくらくらいのお金があれば、あなたは「自分はお金持ちである」と思うようになるだろうか。百万円でよいという人もいれば、1億円、100億円という人もいるだろう。

しかし、実際にその金額を所持しなければお金持ちになった気がしない人は、実はその金額を所持することができたときには、もっと多額のお金を欲しいと思うようになるものである。

同じことが年齢にも言える。あなたは一体何歳まで生きられたらよいと考えているだろうか。70歳でよいという人もいるだろうし、平均寿命まで、あるいは世界長寿記録をつくるまで、という人もいるかもしれない。

こうした物質的な欲には際限がない。

それは、「物質世界での存在」には永遠に存続するものがないからである。そして、永遠に存続しないものに対して、所有欲や執着を示すことは、それらが存在している間はよいが、なくなってしまったときには、そこに投じていたエネルギーも消えてしまうのである。

 男女間の愛も同様である。別章にも説明があるが、容姿、年齢、富裕度といったものに惹かれている関係は、それらが存在する間は継続するが、相手が歳をとり、老いて容姿が変わり、財産もなくなったときには、それ以上の愛がなければ継続されない。「それ以上の愛」とは、物質欲を超えた愛である。それは、ソウルレベルでの愛であり、相手の(意識体の)存在自体に感謝する心である。

しかしながら、ここでは物質欲を持ってはならないということを言っているのではないことをご理解願いたい。当然、金銭的に貧しいよりは裕福の方がよいし、長生きはしたいと思うことだろう。

また、ここで勘違いしてはならないのは、物質的に恵まれていることが必ずしも自分の幸福につながらないという点だ。多くの人が、大金持ちになって物質的に裕福であれば必ず幸福になれると信じている。ところが、アメリカにおいて自殺者の多数が大富豪である事実に見られるように、実際には物質的な富裕度と自分の幸福度は比例しないようである。

しかし、これを比例させる唯一の方法がある。

自分が金銭的に裕福であれば、より多くの人を助けられるようになれるであろう。長生きをすれば、培ってきた経験や知識を若い世代に伝えることができるであろう。幸せな結婚をすれば、他人にも理想的な生活像を示してあげることができるであろう。事業で成功すれば、これからのチャレンジャーに夢を与えることができるであろう。

つまり、「得ることのできた物質的な恵みを、どういう意図をもって使うか」が重要なのである。この意図の持ち方次第で、物質的な豊かさを創り出すこともできるし、それを他人のために役立てることを考えることによって、自分の(実際には彼の次元から与えられている霊的な)力を確認できるのである。これにより、使命成就の充実感がもたらされ、自身の霊格向上にもつながるのである。

 

   
 

© Copyright 2002 心のつどい瞑想会