YOYUME SPIRITUAL GUIDANCE

使命とは
 
 

もしわれわれの魂が、偉大なるもともとの魂(エネルギー)から分かれて、それぞれに使命を与えられ、物質世界と精神世界での転生を繰り返しながら進化向上するように定められているとすれば、なぜ人間として地球に生まれてきているほとんどの人がその「使命とは何か」がわからないのであろうか。

その疑問を考察する前に、まず「使命がある」と気づいている人は意外に少ないという事実に着目すべきであろう。

「私は一体何のために生まれてきたのかわからない」

という状態になっている人をよく見かけるが、使命があると気がついていない人は、決して充実した人生を歩んでいるようには見えないものである。その場その場の一時的な快楽を求めて、行きつくことのない欲望を膨らましていっている。

使命とは、人生におけるそのときそのときのゴールであり、目的設定である。しかも本当は、今生に生まれる前に、ちゃんと自分で設定してきているものらしい。そして、使命に関わるイベント(事象)が起こるときには、必ず自分に選択の余地が与えられており、そのときの選択により、その後の人生が変わってくる。

よい選択をすれば、よい人生となり、使命成就から離れていくような選択をすれば、その使命を全うするまで、そうしたイベントは発生しつづけることになる。それは、今回の人生で起きない場合は、次回転生してきたときに起きるそうである。

これは「カルマ」と呼ばれるもので、作用したエネルギーと同等のエネルギーによってバランスをとろうとする宇宙の法則に則っている。だから、偶然ではなにも起こり得ないのである。

それでは、なぜ自分で設定してきた使命が物質世界で生きている間にわからないのであろうか。

彼の次元からのメッセージでは、これを次のように説明している。

「みなさまの世界で、自分の使命が何か、わかる方はいらっしゃいません。それは、もし私の使命は○○ですとわかってしまえば、それしかやらなくなるからです。」

メッセージは続く。

「生まれる前にご大霊に『使命を果たします』と約束してきたことは、(生まれてきてから経験したことを記憶する)左脳は覚えておりませんが、右脳や魂は覚えているのです。みなさまも、今までの人生の中で何かをしたときに、魂が打ち震えるような喜びを感じたことがあるはずです。それが(使命とは何かを)教えてくれているのです。」

例えば、お金をもらっても、本当にうれしいのは「お金」ではなく、その施しをしてくれた人の「気持ち」であり、もしお金という物質的なものそのものにフォーカスがある場合、喜びが永遠に満たされることはないだろう。

それは、お金、車、家、衣服、肉体といった物質世界のものが、使命成就のための道具であり、それらへ注ぐエネルギーは、それらがあるうちは存在するが、なくなってしまえばそのエネルギーもなくなってしまうものであるからである。

また、人に何か親切をするときにも、「してあげている」と考えるよりも、相手の役に立つと信じて行い、それをしたことによって、相手が喜んでくれたときに、自分が得られる喜びを感じる方が、どれだけ充実感を得られるかわからない。

その選択の余地は、自分にあるのであって、本当に小さなことでも、思うだけでも正しいと感じる選択をすることが大切なのである。

 

   
 

© Copyright 2002 心のつどい瞑想会